Qpies ~アイアンホースは永遠に~

Harly-Davidson好きTEAMキューピーズのアメリカンな生活。 カスタム情報やツーリング報告等・・・

アクセスカウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

最近の記事

人気blogランキング

人気blogランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

週刊!ブログランキング

kuturogu

BS Blog Ranking

BS blog Ranking

プロフィール

TOMO(管理人)

Author:TOMO(管理人)
閲覧ありがとうございます。こちらはチームマスコットのキューピー氏です。

(福井県が拠点のチームQpies!メンバーは数年ぶりにやる気になったTOMO、ポニー、タケブー、JUN、ツケメン、前頭、マッキー(仮入部中)の7人、より多くの人に知って貰う為BLOGを開設してます。
内容はバイクだけにこだわらずネタがあれば何でも報告するつもりです。
数年間も放置しておりましたが初心に帰ってまた更新していきますんで応援ヨロシク!)

メンバー紹介

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃、ETC・・・その2

ポニー共がETCのテストがてら雨の中を名古屋まで濡れ濡れで夜もヌレヌレ目的ツーリングに行っている間、せっせとETCの移設を行っておりました。

当初、前回のポニー記事にもある通りFフォーク裏に移設を考えておったわけなんですが、ネットで調べてみると気になる記事が・・・
(JRM-12がシート下でも反応しました)
というもの。

「これが本当ならダイナモデルなら移設可能なんじゃ・・・?」

早速、近所のマルツ電波に行きETCを設置する為のアルミの箱を購入してきました。(500円ナリ)
ダイナモデルはシート下にスペースがあるといっても、JRM-12がホント入るか入らないかぐらいのギリギリのスペースしかありません。
当然、ステーもギリのサイズになるためアルミの箱は小さめの120mm×80mm×20mmを購入。
ETC本体奥の出っ張りと側面のコードが干渉するため、箱をグラインダーで削り加工します。
ステー自体の設置はタイラップで四方から引っ張るような形で固定しました。

IMGP1252.jpg
(うーん、お粗末な出来ですが、まあ良しとしましょう。どうせ見えませんからね。)

JRM-12自体はショック吸収も考慮してマジックテープで固定します。
これならカードの出し入れも簡単です。

IMGP1253.jpg

どうでしょうか?これなら完全に外見からはETC自体は見えませんし、雨や泥の心配もカードや本体の盗難防止にもなります。
さーらーにっ!
このように横から見ると動作ランプまで見えるので正常作動しているかどうかも一目瞭然ですな。

P1000258.jpg

ただ一つ気になる事といえば、
まだ一度もゲートをくぐっていないということでしょうか・・・



_______________________________
前頭さんへ
お土産の「おっぱいプリン」食べました。
近頃、おっぱい不足でしたのでちょうど良かったです。
おぱーい



スポンサーサイト

今頃、ETC・・・!

3月ごろに注文したETCをようやく入手することができた。

しかし・・・

民主党が政権をとった次の日に

HD店員:「ETC入荷しました」

ポニー:「はぁ?何、今頃?しかも、何、このタイミング?高速無料化なるかもしれねーじゃん。」

別にHD店員が悪い訳じゃないけど、半年待って、政権交代した次の日に入荷の連絡入れるHD定員に腹が立ち、無茶苦茶、文句たれてやった。

でも、ETCが無くなることも、なかなか考えにくいので結局、購入。

そこで、アンテナ一体型ではあるが、下の写真のようなダサイ場所には、取付けたくは無い。
DVC00002.jpg

シートの下、サドルバックの中、フロントフォーク等いろいろ考えた結果、
DVC00004.jpg

DVC00003.jpg
この場所に決定。

このスポスタ、1200カスタム、ホーンはエンジンの横にマウントされているため、ETC用のHD純正ステーを利用し、簡単に取り付け出来た。フロントフェンダーとの干渉もなし。(スポスタ ローは多分干渉するので、気をつけて。)

早速、ツーリングで高速を使うことに。

ETC入り口に差しかかり、・・・ドキ・・・ドキ・・・

「通行可」の表示とともに、ゲートがオープン。

アンテナ一体型といっても、多分、シート下、サドルバックの中等、有る程度の場所は取り付け可能だと思う。

ただ、タンク下とかは、電波が遮られるため、不可だと思う。

最低、民主党が高速道路無料化する前に元だけはとらなければ。

てっことで、TOMOさん、10月に広島ツーリングの企画をお願いします。

広島ツーリングに参加したい方、コメントに書き込みを(是非、女の子)!!!

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © Qpies ~アイアンホースは永遠に~.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。