Qpies ~アイアンホースは永遠に~

Harly-Davidson好きTEAMキューピーズのアメリカンな生活。 カスタム情報やツーリング報告等・・・

アクセスカウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の記事

人気blogランキング

人気blogランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

週刊!ブログランキング

kuturogu

BS Blog Ranking

BS blog Ranking

プロフィール

TOMO(管理人)

Author:TOMO(管理人)
閲覧ありがとうございます。こちらはチームマスコットのキューピー氏です。

(福井県が拠点のチームQpies!メンバーは数年ぶりにやる気になったTOMO、ポニー、タケブー、JUN、ツケメン、前頭、マッキー(仮入部中)の7人、より多くの人に知って貰う為BLOGを開設してます。
内容はバイクだけにこだわらずネタがあれば何でも報告するつもりです。
数年間も放置しておりましたが初心に帰ってまた更新していきますんで応援ヨロシク!)

メンバー紹介

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ハンドル交換、配線中通し編2~

続いて車体側の作業を行っていくわけですが、まず、作業の前にバッテリーの+端子を外します。電気系の作業を行う場合は常識ですね。
さらに、ガソリンタンクを古毛布等で保護します。これもハンドル交換だけに限らず、作業を行う上で付近にカウルやクロムパーツがある場合は保護をしましょう。スパナがすべってタンクがヘコんだなんて事になったら目もあてられませんからね。
わすれずに・・・


今回、配線をハンドル内部に通してやるわけですが、純正の配線はスイッチボックスからタンクの裏のメインハーネスまで黒いチューブに包まれた配線になっているのでハンドル内部を通すために、途中で一度切断してやります。(ブッツリと・・・)
切断位置は車体によって変わりますが、切断ポイントとしては目立ちにくく、尚且つ作業のしやすい場所がベストです。今回はヘッドライトの後ろ辺りでブッツリ切断します。
思い切りも必要・・・


純正のスイッチボックスは8本のトルクスボルト(星型のヤツね)で固定されていますので専用工具で外してやります。
自分のバイクはグリップがすでにカスタム済みなので一緒にグリップのボルトも緩めて外します。
(ちなみに純正のゴムグリップの場合はクラッチ側が強力な接着剤でくっついているので、外す為にはかなりの根性が必要です。)
はずしました
イイ写真が無くてスイマセン・・

スイッチボックスとグリップが外れたら、ハンドルがフリーになるので新しいハンドルと交換し、ライザーに仮留めします。
グリップ、スイッチボックスは外した逆の手順で取り付けていきます。この時、スロットルグリップの内側をグリスアップしておきます。自分はホームセンターなんかで売っている安物のグリスを指で少量塗りこんでからCRCをちょろっと噴いたりまあ適当です。
(※塗りすぎは逆に動きが悪くなるので注意)
こんなんで適当に・・・
専用グリスとかってあるんだろうか・・?


配線はスイッチボックスを固定する前に前回開けた穴にグイグイ押し込んでやり、中央の穴から見えてきたら細長いラジオペンチ等で引き出してやります。ここで注意が必要なのはボルトの締め付け時にスイッチボックスに配線を挟みこまないよう気をつけて下さい。誤って配線を挟んだままバッテリーを繋いでしまうとバチッとなってヒューズが飛びます。
(今回3回程とばしましたから・・・(汗)


グリップ、スイッチボックスの取り付けが終わりましたら、切断した配線を繋いでいきます。今回は熱で収縮する絶縁の収縮チューブだけで繋ぎます。本来はハンダづけやギボシを使ってのしっかりとした復旧をオススメします。
まずφ3mmの収縮チューブを3cm程度に切ったものを先に線に通しておき線同士をよじった後(ペンチでしっかりよじりましょう)、銅線部分が見えないように被せます。
そしてドライヤーの熱で収縮させます。配線全部のチューブがしっかり密着したら、後は黒の絶縁テープで全体をしっかり巻き切断箇所を目立たなくさせます。


最後にハンドル、レバー位置を調整(タンクに当たらないように)し、ボルト本締めして完成です。
完成!!
前から~
良い悪いはまた別の話で・・・(汗)


難易度  ★★★☆☆
作業時間 ★★★☆☆
ヤル気  ★★★★☆
使用工具  電動ドリル, 
使用材料  絶縁テープ, φ3mm熱収縮チューブ, 重機用グリス


~ハンドル交換、配線中通し編1に戻る~




スポンサーサイト

スポスタ車検

とある日曜日久しぶりにスポスタを動かそうと考えました。
しかし、確か今月で車検切れるなと思いつつ、車検証を確認してみると、何と1日前に切れてしまっているではいか。
無車検で乗るのはリスクが大きいため、一緒に走りにいく予定だった仲間達に、ツーリング断念を告げて、お世話になっているバイクショップにスポスタを持ち込みました。
(もちろんショップまでは、乗って行きました。)

カスタム自体、殆どがボルトオンでのカスタムのため、容易に純正に変更できるところがボルトオンカスタム利点かな。

<通常の状態>
車検前

まずは、二人乗り登録してあるため、シングルシートをダブルシートに交換。
あと、シートベルト代わりにCCバーを装着。
これで二人乗り登録は可能なはずです。
NEC_0020.jpg
何だかポートテイルを連想させるような、尻デカスポスタになっちゃいました。
もちろんマフラーも純正に交換。

続いてはナンバープレート移設。ナンバーが見やすいようCCバーに取り付け。
NEC_0019.jpg
指じゃま!携帯カメラ使いずら!

ライトも光が集束しづらいことから、その辺りにあったスティードのライトに交換。
NEC_0022.jpg
ウィンカーも小さすぎるため、オレンジのレンズのみかぶせて何とかOK。

ミラーも片方しか付けていなかったので、適当な純正品を取り付け。
NEC_0023.jpg

タイヤは目がなかったのでベノムXの新品に交換。
NEC_0021.jpg

キャブレターはミクニのHSRを付けていますが、回転数を最小限にして、ギリギリ排ガス規制もクリア!
前輪のホイールも刻印を秘密で打刻してもらっているのでクリア!
後の細かい点は、口で誤魔化し勘弁してもらう。

それにしても、この形ありえないよね・・・!
普通こんな状態でバイクの乗らないしょ!
どー考えても車検を通す為だけに、取って付けたみたいな感じですよね。
でも車検場のおじさんは、解っていながら一様合法だから車検を通さざるえないんでしょうね。
車検て本当に必要なの???
車検を無くすとバイク屋や車屋の整備工場、車検場で働いている人たちが職にあぶれるから必要なんでしょうね。
でも車検場で働いてる人たちはみんな、どーしてあんなに偉そうなんでしょう!
窓口のネーちゃんなんて、目も見ずに話すわ、案内はアゴを使って指示するわで、最悪ですね。
もし、民主党が政権取った暁には、高速道路無料化に加えて車検も無くしてほしいものです。

話はそれましたが、車検及び後輪タイヤ(ベノムX)、プライマリーのオイル交換等含めて85000円でした。
ディーラーに持ち込むよりは破格の値段で済んだような気がします。


 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © Qpies ~アイアンホースは永遠に~.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。