Qpies ~アイアンホースは永遠に~

Harly-Davidson好きTEAMキューピーズのアメリカンな生活。 カスタム情報やツーリング報告等・・・

アクセスカウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の記事

人気blogランキング

人気blogランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

週刊!ブログランキング

kuturogu

BS Blog Ranking

BS blog Ranking

プロフィール

TOMO(管理人)

Author:TOMO(管理人)
閲覧ありがとうございます。こちらはチームマスコットのキューピー氏です。

(福井県が拠点のチームQpies!メンバーは数年ぶりにやる気になったTOMO、ポニー、タケブー、JUN、ツケメン、前頭、マッキー(仮入部中)の7人、より多くの人に知って貰う為BLOGを開設してます。
内容はバイクだけにこだわらずネタがあれば何でも報告するつもりです。
数年間も放置しておりましたが初心に帰ってまた更新していきますんで応援ヨロシク!)

メンバー紹介

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア2日目―①

2日目のルート


2日目

目を開けると見慣れない天井にファンが回っているのがみえた。
・・・ここ何処だ?
頭がハッキリするのにしばらく時間がかかる。
(そうだった、今はオーストラリアに居るんだったな・・。)
―――ハッ?!天気!!
俺はベッドから跳び起きるとカーテンを開けた。
青い空が目に入る。昨日の黒雲はもう何処にも無かった。

「オイ!、晴れてるぞ!」

ポニーは一瞬目を開けたがまたすぐ閉じた、どうやら俺の感動はあまり伝わらなかったようだ・・・。

ホテルの窓



ホテルの一階にあるカフェで軽く朝食をとり、俺たちは出発の準備に取りかかった。ビル達はもう仕事に出掛けただろうか?そんな事を考えながら荷物をキャリアに縛ると、バイクのセルを回す。

”キュキュキュキュルルル・・・”

掛からない――。

”キュキュキュルルル・ル・ル・ル・ル・ル・・・”

もう一度セルを回すが、エンジンの掛かる様子は無い。何度か試す内にバッテリーが切れてしまった。


――マズイな。


朝からイキナリのトラブルである、昨日は調子が良かったのにどういう事だ?先が思いやられる。積んだばかりの荷物を降ろすと、ポニーに手伝ってもらい押し掛けを始めた。

「せーのっ!!」

穏やかな朝日の中、汗だくの二人がバイクを押して走る。途中バスの運転手のオヤジに「2速じゃない、3速でやるんだ!」と、邪魔をされながらも30分ほどかかってやっとエンジンが掛かった。

「よーしよし、もう止まるなよ?」
「ハァハァ、まったく冗談じゃねーぞ、なんで朝からこんなクタクタにならなきゃなんねー」
「でもまだ、バッテリーくらいで良かったな、もし手に負えないようなトラブルだったらどうしようも無いからな。」

ここはまだ町だからいい、探せばバイク屋の一つはあるだろう、もしそれが人気の無い山や荒野のど真ん中でトラブルなんて起こった日には
タイムロスどころか命に関わると言っても大袈裟ではない。
しかし、この時の俺達はこの先さらに深刻なトラブルに見舞われるとはまだ知る由もなかった。

駐車場



何とかトラブルを乗り切った俺達は今日の目的地Tamwors(タムワース)に向かっていた。
実は昨日ビル達に目的地はブリスベンだと相談したところ

”ブリスベン?1日じゃあ無理だな、途中にTamworsって町がある。距離的に丁度中間だから、そこで一泊するといい。カントリーミュージックの歴史のある良い町さ。”

とアドバイスを受けていた。距離にして約500km、どうせ計画なんてない俺達は言われた通りそこへ向かうことにしたのだった。

2日目出発



ホンワリとした朝の日差しの中、2台のバイクは時速100kmほどで快適に走る。青い空、雲、見渡す限りの平野、そして真っ直ぐな道――。
爽快な気分だった。

「気持ちがイイなーー!」
「やっぱりツーリングはこうじゃねーとなー」

俺達はついさっきのトラブルなど、とっとと忘れ気持ちのいい風を体全体で堪能しながら走る。それにしても周りは見渡す限りの平野。どんだけ走っても空!野!道路!、まるでロード・オブ・リングのロケに使われそうな風景だ。

広いな・・・
なんもねえ・・




途中、バイクと人間に燃料補給をするため村に立ち寄った。
ちょうど100km間隔ぐらいで村がありスタンドは1,2軒あるようだ。ガス欠なんて最悪の事態が起こらないよう燃料補給と売店でミネラルウォーターとチョコバーを買った。日本では水なんて買ったことは無い俺だが、外国のドリンクはなんといってもマズい。やたらデカいうえにガラス張りの冷蔵庫の中には合成着色された怪しいドリンクが色鉛筆のようにきれいに並んでいる。以前アメリカツーリングの時に何も知らない俺は興味本位で買い、しばらく走った後の休憩中、異常に甘くて日差のせいでぬるくなったそれを2口飲んで捨てた。それ以来水しか買っていない。

村で・・



一服も終わったところで、さて先を急ごうとエンジンをかけようとするがまたしてもセルが回らなかった。

「ハァ!何でだよ?あんなに走ったのに充電されてないってのか?」

俺はアセる。
――おかしい。
単なるバッテリーあがりじゃないのか?配線?ヒューズ?バッテリーの老朽化?なんにしてもどうやら単純な故障じゃないようだ。俺はいろいろなケースを想定しながらポニーに言った。

「おい、俺が思うにこれはどーやら単純な故障じゃ・・・・」


ドルン!


「へっ?」
「おーい、バッテリーの線外れてたぞーー」



・・・・どうやら単純な故障だったようだ。

スポンサーサイト

オーストラリア1日目

s1

体が痛くて目が覚めると丁度スチュワーデスさんがコーヒーを配っているところだった。

「コーヒーはいかがですか?」

ニッコリ笑ったスチュワーデスさんの胸のネームプレートにはオームと書いてある。
(オームさんね。可愛いな、何人だろ?)
コーヒーをすすりながら前方のスクリーンに目をやると、シドニー到着まで1時間と表示されていた。


o1

シドニー空港は思ったより小さい空港だった。
10時間ぶりの外気と初めてのオーストラリアの地に気分が高ぶる。
レンタルバイクの予約書をみるとAM11:00に現地仲介人の加藤さんが迎えに来ると書いてある。
俺達は目印のヘルメットを手に11:00まで待つことにした。
しばらくすると入口の方から小太りな白人のオヤジがニコニコと微笑みながら近づいて来る。
手にはトモと書いた手書きのプレートを持っていた。




ポニー「おい、どうみても加藤さんて感じじゃねーぞ・・・・」




トモ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・俺に言うなよ。」





車に揺られること1時間、リッチモンド・シティという田舎町に着いた。
話によると歴史の古い町らしい、どうやらここに店があるようだ。


「今日はいい天気だな?オーストラリアは初めてかい?」
「そうだよ」
「何処を周る予定なんだい?」
ブリスベンゴールドコーストに行くつもりなんだ。」


バイク屋のオヤジと世間話をしながら店のガレージに着くと、ズラリとバイクが並んでいた。
スズキの隼、ホンダのCBR、ヤマハのオフ車、どれも日本車ばかりだ。
中央に2台の”XT600”が置いてある、どうやらこれが俺達の借りるバイクのようだ。手早くレンタルの手続きを済まし、地図を見ながらブリスベンまでのルートを聞いてみる。


ブリスベンか、遠いがまあ何とか行けるだろう。とりあえず今夜は250
km
先にあるこのorange cityに泊まるといい。」


地図にマジックで印しをつけてくれた。


「GOOD LUCK!楽しんでこいよ。」


オヤジはニヤリと笑う。




リッチモンドcityを抜け1時間ほど走っただろうか、だいぶバイクにも慣れ、時速100キロ程で軽快に山道を走る。
道は思ったより狭いが、それでも適度なワインディングが続く気持ちのいい道だった。
(オーストラリアはカンガルーしかいない――。)
俺の中で勝手に作り上げたイメージはだいぶ間違っていたらしい、こんな山道もあるもんだ――走りながらそう思った。



o3

途中、日本から持ってきた革ジャンと革パンに着替えた。それにしても寒くなってきた、気温は何度くらいだろうか15~16度?日本の春先くらいの肌寒さである。「今日の天気予報は雨だったような・・・」とポニーが飛行機の中で言っていたが、的中するのだろうか、行き先の上空には黒い雲が渦巻いていた。





Lithgrowの街に着く頃には予想通り雨が降ってきていた、冷たい雨と風で俺達の体はだいぶ冷えきっている。


トモ「休憩しようぜ、腹も減ったし。」
ポニー「しかたない合羽着るか、雨も止みそうにないしな。」


ちょうど通りかかったマクドナルドで休憩することにする。ここは小さい街のようでマクドナルドもこの一軒だけなのだろう。
震えながら席を取ると俺はカウンターに行き女子高生って感じの店員の女の子に言った。


トモ「プリーズ チーズバーガーセット アンド ホットコーヒー?」
店員「オーケー @+{*~>□+△○*¥??」


何か言っている。
何だ?何だってんだ?俺の発音は完璧だったはずだ、何を言っているんだこの女は、


店員「@*~×△>○ティ?!」
トモ「?」
店員「イーティ?!」
トモ「?」
店員「イ、イ、ティ?!!!(テーブルを指さしキレ気味で)


おお!そうか、どうやらこの女はここで食べんのか?と聞いているらしい・・・・(キレ気味で)


トモ「イ、イエス。」


それにしてもそんな怒ることもないだろうに・・・・・・くそぅ
そして、キレ気味になった店員は奥へ戻ると、俺のらしきカップにガラガラとを入れると、
ナミナミとコーラを注いでいた・・・。




「・・・・・・・・・・・・・。」






空腹も収まり、コーラで益々体も冷えた俺達はすぐに出発することにする、目的地のorange cityまではまだ150km程ある、暗くなるまでには着かなければならない。俺はバイク屋のオヤジの言葉を思い出す――。


「夜は走るなよ?カンガルーは光に誘われて飛び出してくるからな、ぶつかったらコッチがただじゃ済まないぞ。」


オーストラリアの車の多くはフロントにカンガルーバーという物を付けている。頻繁に飛び出してくるカンガルーから車体を守る装備だそうだ。実際、道端にはかなりの数が死んでいて、中には1m程の大型のカンガルーまでいた。確かにアレが相手じゃバイクの俺達の方がタダでは済みそうにない。


「少し急ぐか?ホテルも決まってないしな。」


俺たちは合羽を着込み、荷物にビニールを被せると走り出した。
o4




「さみぃーー!寒みーーぞ!!!誰だ!オーストラリアは暖かい島だって言ったヤツはーーーっ!」


後ろでポニーが叫んでいる、どうやらここにも勘違いしてた奴がいたようだ。


「痛てっ!痛てえ!オイ!これアラレじゃねえか?アラレだ、アラレが降ってきたぞ?!!」


!!、これにはビックリした。本当にアラレが降っている。
ポニーじゃないがオーストラリアはあったかい国じゃないのか??アラレなんて俺達の予想を遥かに超えている。
いくらなんでも冬ツーリングの装備は持ってきていない。この先大丈夫なのだろうか?
指先の感覚が無くなりかけ寒さで意識が朦朧としてきた頃、山と山の切れ目に街の灯りが見えてきた。どうやらやっと初日の目的地であるorange cityに着いたらしい。俺達はとりあえず目に付いたホテルにチェックインすることにした。
o6





ボロい部屋だった。いや、ここでのボロいは良い意味でのボロいだ。8畳ほどの部屋にはトイレもシャワーも無く、スプリングのヘタったベッドが二つと、チェスト、ダイヤル式のテレビだけしかない。
まるでB級ホラー映画に使われそうな部屋は、俺達が求めていたイメージそのものだ。


「イイね?いい具合にボロいじゃない。」


今回の旅の目的は有名な観光地を観たり、高いホテルで贅沢することが目的ではない。
日本人が居ないような田舎を走り、アメリカンな(ここはオーストラリアだが)生活を堪能するのが目的である。
ここはそんなイメージにピッタリの部屋だった。
o5





アテのない俺達はバイク屋で貰った地図に書いてあったオススメの”肉のおいしい店”に入ることにした。
店内はいかにも田舎くさく洒落っ気のない感じで、レストラン、バー、コインカジノが一緒になった店だった。
俺達はとりあえず肉とビールを胃に流し込むと(肉はマズかったが)、過酷なツーリングで疲弊しきっていた体を労わってやった。
しばらく後、胃も落ち着き今日の苦労話をしている俺達の所に一人の男がやって来た。名をビルといった(たしか)。


ビル「ヘイ、どっから来たんだい?」
トモ「日本から来たんだ。」


この田舎町では、変わった格好をした外国人(俺達のこと)がとても珍しいのだろう。


ビル 「日本?!お前ら日本から来たのか?!」
ポニー「シドニーからバイクに乗ってきたんだ、今日は初日でね。」
ビル 「そうか!よく来たな、こっちだ、こっちで一緒に飲もう!!」


半ば強引に引っ張られ、俺達はビルのグループと飲むことになった。
聞くとビル達は車のディーラーで働く同僚で、ほぼ毎日仕事が終わるとこの店に集まるのだそうだ。
o7



ビル「日本か、俺も日本のネーちゃん好きだぜ?今度遊びに行くから妹紹介してくれよ?」
トモ「ゲラゲラ、俺に妹なんかいねーよ。女友達ならいるからいつでも遊びにきてくれ。」
ビル「マジか?絶対行くからな?!!」


盛り上がった。俺もポニーもほとんど英語なんて話せない、多分会話で理解出来ているのは2~3割だろう。
じゃあ俺達とビル達との繋がりは何だ?
多分ノリだ。会話なんてゼスチャー単語の羅列だけだったが確かに俺達は意気投合していた。
何を話したかなんてあまり覚えていないが、楽しかったのはよく覚えている。


「アイ ラブ プッシー!プッシー!」
「ギャーハッハッハ!」
「ヘイ!アイル ビー バッーク!」
「オ~イェ~! ギャハハ!」

o8



こんな感じで、俺達は明日の事も忘れて飲んだくれた。
途中ビルが、「お前時計は持ってるのか?」と聞くので、
「いや忘れてきたんだ」と答えると、
ビルは自分の腕から時計を外し、
「持って行け、旅には必要だからな。」
と、俺にくれた。
そして、それから2時間ほど盛り上がった後、俺達は引き止めるビル達を何とかなだめ、別れを言いホテルへと戻った。
本当は朝まででも飲んでいたかったが明日は今日以上に走らなくてはいけない。疲れを持ち越さない為にも休むことにした。

明日は晴れてくれるといいが・・・・

                                ―つづく―



押して押して~→バナー2

海外ツーリング(オーストラリア編)

プロローグ

H17年7月24日 夜
 とある居酒屋で唐突に計画は始まった。
トモ 「俺さ、今度の9月に9連休とれそうなんだよな、それでどっか外国でも行こうかと思ってるんだけど、どう?お前も行かねー?」
ポニー「外国?んー・・・バイクで周るんだったら行ってもいーぞー。」
トモ 「バイクか、・・・・・じゃオーストラリアにでも行くか。」
話はすぐに決まった。ポニーとは5年前にもアメリカでバイクの旅をしたことがある。前回の経験もあってかあまり抵抗もないのだろう。
それにしてもポニーの奴はだいぶ飲んでいたようだが本当に大丈夫なんだろうか?(家でに怒られてるんじゃ・・・)

H17年8月16日
 旅行の段取りは言い出しっぺの俺がすることになった。予定目的地はシドニーにした。ネットで適当に海外レンタルバイクを検索してみると、
E&G TRAVEL CENTER (http://www.bekkoame.ne.jp/i/eandg/)
偶然見つけたHP、この会社でバイクのレンタルを頼むことにした。
トモ 「もしもし、オーストラリアでバイクのレンタルお願いしたいんですけど・・・いや・・・17日から25日の間ってだけで全然なにも考えてないんですよ・・・。」
E&G氏「ああ、そう、じゃあコッチで勝手に動いちゃっていいかい?けど今からじゃ飛行機の予約が結構キビシイかも・・・」
どうやら(1ヶ月も前なら十分間に合うだろう)という俺の考えはだいぶアマかったらしい、その後E&Gさんからの返事では当初予定の17日~24日関空発の格安航空チケットはすでに満席とのことだった。それでも1日ズレの18日~25日の日程に変更することで、何とか航空チケットを取ることができた。

 バイクはヤマハの”XT600”を借りることにした。600ccの単気筒エンジンを積んだオフロードバイクだ。選択理由としてはオーストラリアは国道といえど全てが舗装道路ではなく、全くの未舗装道路も多くある為どんな状況でも対応するためだ。
バイクには標準装備として、20Lのビッグタンク、大型リヤキャリア、パンク修理キット、車載工具が搭載されている。
これも大陸ならではの装備なのだろう、オーストラリアは総面積7,741,220km2で日本の約21倍の面積を持つ、しかし総人口は約2000万人程度しか
住んでいない。一旦郊外に出てしまえば当たり前に100kmも200kmも人や建物が無い景色が続くからだ。
XT600

H17年9月18日 出発当日
 朝、荷物の最終チェックを終える、実は昨夜からチェックは3度目だ。今回の旅はシドニーでのバイクレンタル以外は何も決まっていない、宿泊も行き先もまったくの未定である。多少の不安もあった。が、そんな俺とは裏腹に迎えに行った先のポニーの奴は楽勝そうだった。
トモ 「どう?用意は万全?」
ポニー「ん~どうかね、ま、無けりゃ現地で買えばイイんじゃない?」
トモ 「・・・ガイドブックは買った?」
ポニー「いや、無い。イイんじゃないの無くても?」
トモ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ヤ、いるだろ。」(汗)
                      
                                      -つづくー
人気ブログランキングクリック

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © Qpies ~アイアンホースは永遠に~.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。